環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

サマータイム

サマータイム(Summer Time)と夏場の時間帯に時計を1時間すすめる制度のこと(ちなみに、個人単位ではなく制度として)。夏季は日の入りが早いため、明るく、また涼しい時間帯を活用する事で、照明やエアコンなどの使用量を減らし省エネ化するという活動のこと。

比較的緯度が高い欧米地域ではすでに制度化されて運用されている国もあるが、日本では一度導入に失敗した経緯があり、慎重論も根強い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典