環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

波力発電

波力発電(はりょくはつでん)とは、名前の通り波の力を利用した発電方法のこと。海から陸に押し寄せてくる波の上下運動により起こる空気の流れでタービンを回して発電する方法のこと。海に囲まれている日本においては再生可能エネルギー源としても期待されている。

仕組みとしては、堤防の中に空洞を作り、波が下がったときに空気室に空気が入るようにして、波が押し寄せたときにその空気が圧縮されタービンを回して発電するというもの。24時間発電可能であり、また防波堤としても利用できるという特徴がある。
問題点は波の大きさによって発電量が異なるため、安定性には欠けるという点が挙げられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

波力発電に関するQ&A・クチコミ

波力発電に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

原子力発電は廃止出来ないか?
福島第一原発事故で日本国民や世界の人々の原子力利用について関心が高まり、脱原発の気運も高まりつつありますがどの様な過程でそれが実現可能になる …
津波の恐ろしさを目の当たりにして、原子力発電の危険性を知り、これからは波力発電を普及させる方向性に切り替えるチャンスでは?
原子力発電にたよると結局、我々の電気代が高くなりませんか?
火力 水力 風力 波力
振動発電、波力発電、地熱発電、風力発電で原子力発電と同じぐらいの発電力を生むことは可能なのだろうか。
原発ばっかり予算をもらって不公平ではありませんか?
発電で最近風力発電や太陽光発電が普及してきましたが、潮力、波力などの自然エネルギーはまだまだ採算に乗らないのでしょうか?
現在は原油高ですが、全てを、電気エネルギーに置き換えると、二酸化炭素排出量は減りますか?
潮力・波力発電は現実的ではないのですか?風力よりもあんていした動力が見込めそうな感じですが(素人的には)?