環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

ライフサイクルコスト

ライフサイクルコスト(Life cycle cost)とは、製品・建築物・機器などの費用を「調達」「製造」「使用」「廃棄」までのすべての段階を通じて考えるもの。日本語にすれば生涯費用などとも呼ばれる。頭文字からLLCとされることが多い。

例えばある建物を建築する場合には、設計に関する費用のほか、工事に関する費用、つまりイニシャルコストがある。さらに販売・賃貸する建物であれば広告宣伝費やそれに伴う諸費用も必要となる(ランニングコスト)。さらに、長期の管理費用や定期的な修繕費用も必要となる。そして最後には建物の解体にともなう工事費、発生する産業廃棄物の処理費用などがかかる。
このような統合的な費用全体をライフサイクルコストと呼ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

ライフサイクルコストに関するQ&A・クチコミ

ライフサイクルコストに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

スマートハウス って?
オール電化リフォームのセールスマンが来ました。
窯業サイディングのコーキングがすぐ切れるのは
市役所庁舎の耐震化でお尋ねします。 現在の庁舎は築40年で、耐震診断をしたところ殆どの階でIs値が0.6以下になり耐震化の議論が行われました …
現在、オール電化での新築を検討中で業者選択をしているところです。現時点において自分達の中では一条工務店が、性能・収納・多彩な標準仕様など最有 …
タイル外壁の塗り替え(交換?)はできるのでしょうか。
LCC(ライフサイクルコスト)は、具体的に何に役に立つのか教えてください。
塩害を受けている橋梁のライフサイクルコストについて
馬鹿な質問かもしれませんが、建築のイニシャルコストとライフサイクルコストは必ずしも正比例の関係になるのですか?
大手HMと工務店の住宅性能について