環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

燃料電池車

燃料電池車(ねんりょうでんちしゃ)とは次世代低公害車の一つとされる電気自動車(EV)のこと。水素と酸素の化学結合反応により発電し、その電力により走行する自動車のこと。排気ガスを出さず、排出するのは水素と酸素の結合によるH2O(水)だけであることから、大気汚染物質を一切排出しない自動車である。

燃料電池車のエネルギー源は「水素」と「酸素」となる。酸素は大気中に多く存在するため問題ないが、水素については外部から補給してやる必要がある。水素の補給方法は水素を直接貯蔵する方式とメタノールを貯蔵してそれを化学反応により水素を作る方法がある。

ただし、現段階では課題も多く、水素の供給ステーションなどのインフラ(ガソリンスタンドのようなおの)、走行距離、耐久性などまだ多くの問題を抱えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

燃料電池車に関するQ&A・クチコミ

燃料電池車に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

なぜ太陽光発電は普及しないのですか?
燃料電池自動車は「二酸化炭素など排気ガスを出さないので環境にやさしい」とうたっていますが、代って排出されるのは水蒸気ですよね。 それだと、二 …
エコカーって本当にエコロジーなの?
電気自動車と燃料電池車のどちらが将来性がありますか?
将来の水素社会の意義についての質問です。
アメリカ大統領候補のヒラリー・クリントンですが、
電気自動車は、電池が問題だと騒いでいますが、私はそうは思いません。
災害時の備えについて。 私は静岡に住んでおり、東海大地震を主とした防災の備えについて、最近になり本格的に準備をしようと思い始めたところです …
燃料電池車はなぜ実用化しないのですか?
燃料電池自動車について質問です。 水素を燃料にして走るんでしたよね。水素を生成させるには水を電気分解するんでしたよね。 水素1㎥から生じる電 …