環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

光触媒

光触媒(ひかりしょくばい)とは、紫外線が当たることで、それ自身は変化せず化学反応を促進させる物質のこと。光触媒は光があたることで、表面上で酸化力を作り出しそれに触れた有害物質等を分解できる性質を持っている。

こうした性質から、光触媒は防臭・抗菌・大気汚染の解消・浄水効果があるとして空気清浄機や様々な家庭用品にも応用されている。代表的な光触媒としては「酸化チタン」が知られている。
近年では、排気ガスなどによる窒素酸化物の分解作用を応用する形で、交通量の多い道路に光触媒を塗布することで大気中の有害物質を分解する方法などに付いても研究が進められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

光触媒に関するQ&A・クチコミ

光触媒に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

すいません、まったくのど素人で請求書の期日の重みも分からずに無視してしまい業者ともめています、話しの内容は飛び込みの営業マンより外壁塗装の申 …
god_okatatuさんにありがとうございます
太陽光発電の見積もりは妥当でしょうか?
建設会社です。先日外壁の塗装及び光触媒の施工を請け負いました。塗装工事、光触媒工事はそれぞれ下請け業者に頼みました。工事が完了しましたが光触 …
今日、賃貸アパートを申し込んだのですが、気になる事があります。入居の際に必要な経費として、クリーンサービスとういう項目があって、害虫駆除と光 …
初めて質問します。
家の外壁塗装の塗り替えを考えています。
一人暮らしの初期費用などについて教えてください。
リフォームするので、情報がほしいです。
太陽光発電パネル表面に温水器触媒液を循環できる二重構造にすると、パネル表面の温度を低下し