環境ビジネス用語辞典> >メガソーラー
環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

メガソーラー

メガソーラーとは1メガ(1000キロ)を超える大規模な発電能力を持つ太陽光発電施設のことを指す。一般的な家庭用の太陽光発電システムは3kW†5kW程度のもの大半であることから規模の大きさがわかる。メガソーラーとはこうした家庭用・小口発電ではなく、大規模集約型の発電施設である。

電力会社が自主的に計画しているメガソーラー発電所もあるが、それ以外にも固定価格買取制度(フィードインタリフ)によって、企業などが売電収入を目的として設置するケースも相次いでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

メガソーラーに関するQ&A・クチコミ

メガソーラーに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

約80戸の分譲住宅地に住みはじめて3か月です 先日太陽光発電の営業マンが来てこの分譲地で太陽光発電システムをすすめてるらしく、すでに十数件契 …
国連の気候変動による政府間パネル(IPCC)は 地球温暖化の深刻な影響を避ける為に 今世紀末に温室効果ガスの排出量を ほぼゼロにする必要があ …
九州電力が太陽光発電の電力を買い取らないって(`o´) しかも企業などのメガソーラーならまだしも、一般家庭用の10キロも契約しないそうです! …
メガソーラーについて。
詐欺かも。知り合いから大規模太陽光発電の投資(メガソーラーパークファンド)を持ちかけられ、ちゃんとした契約書もないまま投資してしまいました。 …
メガソーラーってなんですか?
太陽光発電 ソーラーパネル SANYO HITの発電量、構造についてお尋ねです。
メガソーラーについてです。 最近家の前にメガソーラーができ、作動開始しましたが、5メートルほど離れた場所に冷却ファンというものだと思いますが …
ソーラーパネルで透明のものはありますか?
メガソーラーについての質問です