環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

酸性雨

酸性雨(さんせいう:Acid rain)とは、公害の一つ。二酸化炭素や窒素酸化物といった酸性の性質を持つ物質が溶け込んだ雨のことを指す。排気ガスなどを通じて排出されたこうした物質が大気中で雨に溶け込むことにより発生する。定義上pH(ペーハー)が5.6以上のものが酸性雨と呼ばれる。

酸性雨の環境に対する悪影響としては、酸性の雨による土壌の酸性化で農作物や森林を衰退させる他、湖などに流れ込み湖に住む生物に悪影響を与える、歴史的建造物に対する悪影響などが挙げられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典