環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

建設リサイクル法

建設リサイクル法(けんせつりさいくるほう)とは、産業用廃棄物として大きな割合を占めている建設工事等により排出される廃棄物を適正に管理するための法律。一定規模以上の建築物の解体や新規工事などを行う事業者に対して、廃棄物の分別・リサイクルなどを義務付けたもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

建設リサイクル法に関するQ&A・クチコミ

建設リサイクル法に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

可燃ごみ、巨大コンポストで肥料や燃料に再生ってどう思います?(頑張れ!!)
横浜市市内で40坪2階建ての自宅の建替えの解体工事をしていますが、工期が既に予定よりも1か月も伸びていて困っています。どこに相談すればよいで …
掘削工事で掘ってみたら、おそらく不法投棄物と思われるコンクリートがらが大量に出てきました。原因を追及してもまず不明だろう事柄です。
各種のリサイクル法がありますが、次のようなケースは届け出が必要でしょうか?
工事用ヘルメットのリサイクル
リサイクル法の届出書について
建設リサイクル法(建設工事に係る資材の再資源化)に関する法律違反
下請業者が移動式破砕機で元請の現場で木くずやがれき類等の破砕作業を行う時の方法
建設リサイクル法 18条に基づいた書面とは、つまりマニュフェストのことでしょうか?
建設リサイクル法について