環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

排出量取引

排出量取引(はいしゅつりょうとりひき)とは、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の排出量を減らすため、Co2の排出超過分、不足分などを国や企業などが市場(マーケット)において取引する仕組みのこと。日本では2008年からこの排出量取引制度についての試行的運用が行われている。
エネルギーに由来するCo2を対象として企業が自主的に削減目標を設定し、排出枠、クレジットを取引する。排出権取引ともよばれる。
イギリスでは2002年に世界で一番初めに国内取引市場を創設した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

排出量取引に関するQ&A・クチコミ

排出量取引に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

みなさんの話を見させていただくと
温室効果ガス削減と経済発展を両立するには?
地球温暖化対策基本法、衆院委員会で強行採決
自然消滅しそうな
地球温暖化対策、排出量取引に関する誤解に関して。
CO2削減といいますが、石油などの埋蔵量を全部燃やしてしまえば、結局は同じことでは?
CO2の排出権取引って意味あるんですか?
地球温暖化の一番の原因は本当はなんなのでしょうか。 そもそも本当に地球温暖化は進んでいるのでしょうか。 数年前地球温暖化の犯人として二酸化炭 …
北京オリンピック聖火台の毎日出す炭素ガス(二酸化炭素、一酸化炭素)、消費する油は量・金額換算でどのくらいなのでしょうか?排出量取引に換算する …
鳩山さんがCO2の25%削減提案をしました。しかし、ここで根本的な問いをさせてください。目に見えないものを具体的な数字化していることに大して …