環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

自然換気

自然換気(しぜんかんき)とは、自然の力(温度差・風圧など)を利用して換気を行うこと。また、単に窓やドアを開けるなどして行われる換気を指す。自然の力を利用した換気方法を「パッシブ換気」とも呼ばれる。省エネルギーで行える換気手法だが、安定した換気能力を得るのは難しい。

例えば、空気は温度が高い方から低い方に流れるという性質があるため、この比重差を用いて空気を換気する方法や、2箇所以上の場所に空気穴を開ける事で空気の通り道を作って換気する方法がある。
なお、機密性が高い住宅(特にマンション等)の場合にはこうした自然換気では不十分な場合が多く、24時間換気システムのように、機械式の換気システムを設ける必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典