環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

活性炭

活性炭(かっせいたん)とは、特定の物質を分離・除去・精製したりする目的で、吸着効果を高める処理をほどこした多孔質の炭素物質。ヤシがらや竹といった植物や石灰質などが用いられる。一般にはガスを使った高温炭化という手法により作られる。

活性炭のもつ吸着性能についてはその表面積および孔の大きさと密接な関係がある。上下水道の浄化、有害物質の処理、ガスマスク、タバコフィルターなど、様々な分野において幅広く利用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典