環境ビジネス用語辞典省エネ商品・製品 >ユニバーサルデザイン
環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザイン(Universal Design)とは、文化や言語、男女、年齢、障害などを問わずに利用することができる施設や製品の設計のことを指す。こうした機能を持たせた製品自体を指す場合もある。

ユニバーサルデザインには以下の7原則がある。

原則1.公平な使用
どんな人でも公平に使うことができるものであるということ。

原則2.柔軟性
色々な人や使用される環境でも対応できる自由度があること。

原則3.使用方法が簡単で明快
製品の使い方が分かりやすく誰にでもすぐ理解しやすくなっていること。

原則4.あらゆる知覚に対する情報の配慮
必要な情報が、環境、使い手の障害に関わらず伝わること。

原則5.事故・誤作動の防止
危険につながりにくく、万が一の場合に対する対策を持つこと。

原則6.身体的な負担の軽減
自由・快適に使うことができ、それが身体に負担を与えないこと。

原則7.使いやすい大きさ・広さと条件の確保
使い手の体格や使用状況に関わらず使いやすい大きさ・広さがかくほできること。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典