環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

ピークシフト

ピークシフト(Peak Shift)とは、電力などのエネルギー使用量が多い時間帯を他の時間帯にずらすこと。向上などが平日の操業を土日などにずらしたり、電力需要が大きい時間帯(特に夏季の日中13時†16時)にバッテリー(蓄電池など)を用いて直接的な電力使用を避けたりすることを指す。

近年では、省エネを目的として節電家電としてバッテリー等を搭載した商品も販売されている。これらもピークシフトを狙ったものである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

ピークシフトに関するQ&A・クチコミ

ピークシフトに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

私は現在働いているバイト先のコンビニ(セブンイレブン)のオーナーの発想が理解できません。正直どうなの?って思うような事ばかり行ってきます。他 …
すき家で働き始めましたが。強盗よく入りますが、すき家は対策されたんですか? いつか人が刺されないか不安です
会社で電力削減を考えています。
7月に太陽光発電5.9kwとエコキュート、IHクッキングヒーターの設置を予定しています。
マクドナルドのコンディメントに
マクドナルドで1週間も入れてもらえませんでした
アホみたいにオール電化やエコキュート叩いてる人ってなんでプロパンガス叩かないの?
太陽光発電設置後の電気契約種別について教えてください。
初めて質問するため、不適切なものがありましたら申し訳ありません。
某レストランに最低な社員がいました。今は辞めていなくなりましたがその社員の悪事を綴ります。