環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

間伐材

間伐材(かんばつざい)とは、森林が成長する上で立木の密集化による成長阻害を防止する目的で間引かれた木のことを指す。通常建築などの用途には用いられないが、割り箸などの原料として利用されることが多い。

2000年代からは森林整備支援事業として間伐材の有効利用に向けた取り組みも行われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典