環境ビジネス用語辞典自動車・交通 >アイドリングストップ
環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

アイドリングストップ

アイドリングストップ(Idling Stop)とは、自動車・バイクなどが無駄なアイドリングを行わないようにする和製英語。停車時エンジン停止とも呼ばれる。停車時にエンジンを停止させることによる燃費向上(燃料節約)と排出ガスの削減効果が期待されている。

ちなみに、アイドリングとは、自動車等のエンジンが待機している状態で自動車自体は動いていないがエンジンは回っている状態を指す。アイドリングストップを行うことにより燃料の消費が少なくなるため燃費が向上し、自動車の排気ガスの排出量も減少することから環境面でも手軽にできるエコ活動の一つといえる。
エコドライブという考え方の中でも代表的な方法の一つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

アイドリングストップに関するQ&A・クチコミ

アイドリングストップに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

回答求む!! クリスマスイルミネーションについて。
「エコドライブ」を実践しようとして、アイドリングストップを始めて3日目の今日、交差点でエンジンを再スタートさせようとしたらエンジンが一時掛か …
政府は平成32年度までに二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を平成2年度比(約12億6100万トン)の25%削減の約9億4000万トン抑制を目 …
地球温暖化が叫ばれている昨今、
アイドリングストップしていますか?
自動車メーカーは地球温暖化を防ぐ為に電気自動車や
コンビニの駐車場に、注意書きで「駐車場内での事故等には一切責任を持ちません」って、よくかいてありますが、ちょっと無責任過ぎません?
ヨーロッパではアイドリングストップは常識なんですよね?
バスの後ろの方に書いてある、アイドリングストップってなんですか??
タクシーのアイドリングを止めさせるにはどうすればいいでしょう?