環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

エコマネー

エコマネー(Eco Money)とは、国家(中央銀行)が発行する通貨ではなく、特定の地域コミュニティで利用可能な地域通貨のこと。ちなみに、エコロジーマネーの略だと思っている人が多いが、このエコには「エコロジー」と「エコノミー」、「コミュニティ」の三つが一体となった地域通貨という意味を持つ。

カナダにおけるLETSが有名で、エコマネーはこれを日本で取り入れた際に付けられた名称。一般には地域コミュニティ内においての福祉、文化、環境に関するボランティア活動などにおいて支給され、同内容において消費することができるもの。
日本でも数十の自治体で導入されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

エコマネーに関するQ&A・クチコミ

エコマネーに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

地球温暖化の原因は二酸化炭素にありそれは人間の経済活動が原因で人間の努力で解決できる問題と考えている方に伺いたいのですが、ズバリ温暖化対策で …
穀物から作るバイオ燃料(エタノール)や水素が、石油に取って代わると本気で考えている人はいますか?
エコポイントを昨年9月に申請しました。ナナコ電子マネーはすぐに入りましたが残りの三井住友商品券とQUOカードがまだ来ていません。昨年末から気 …
エコについて質問です。
【正式な住宅エコポイント数】はどの段階で決まりますか?
エコ運動の一つに排出権売買をするというものを聞きましたが、実際に減らすのではなく他者の手柄を金で買うというマネーゲームが消費者に押し付けられ …
エコポイントについて質問いたします。
エコポイント申請後、商品の発送方法は?
エコポイントについて…。教えて下さい??
住宅エコポイントの「ポイント数確定確認方法」と「期間」について