環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

緑のカーテン

緑のカーテン(みどりのかーてん)とは、壁面緑化のように植物を建物の外側で育てることにより建築物の断熱性や建物温度上昇を抑制する省エネ活動のこと。一般には家庭などでおこなわれるごく小規模なものを指すことが多い。

例えば、建物に支柱を立てかけ、そこにつる植物が用いられることが多い。これにより夏場は太陽光を遮断する上、植物が蒸散をおこなう事で建物を冷やす効果も期待できる。
落葉植物とすることで、冬場には葉が落ちて日照による熱の確保も可能となる。
また、家庭菜園の一環としてトマト、キュウリ、ゴーヤなどの食べられる植物を緑のカーテンとする家庭も多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典