環境ビジネス用語辞典>エコの定義エコロジーってよく使いますけど、結局どういうことなのか詳しいことがわかりません …
環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

エコの定義エコロジーってよく使いますけど、 …

エコプロダクツ に関するQ&Aを掲載しています。

環境ビジネスQA

  
2010年04月11日 Q.質問
エコの定義エコロジーってよく使いますけど、結局どういうことなのか詳しいことがわかりません。生態学じゃない方の、エコカーとかに使われてる“エコです。”すこし関係ないかもしれませんが、母が“Sinary”の社員の友達と東京ビッグサイトで行われた“エコプロダクツ”に行ったそうなんです。けっこう前のことなんですが……Sinaryは、環境革命を謳った、脱石油の化粧品の会社です。使っているものはすべて天然由来のものだそうです。ここで疑問に思いました。石油も天然じゃないの?ということよりも、石油系の物を使わないで自然の物で作った化粧品を作ることは、エコなの?ということです。Sinaryはエコプロダクツに呼ばれたのですからまあエコなんでしょうけど、それもちょっと疑問です。いままで私、エコって、いままでCO2を出さないこと、少ないエネルギーで物を動かすってこと系なことだとおもってました。違うのでしょうか?
2010年04月17日 A.回答
生態学で無い方の「エコ」つまり英語で"Ecology Movement","Political Ecology"と表現されるところの「エコ」は、「環境に配慮していそう」なファッションなどから、「地球に優しい」と称する最先端技術や企業活動、市民活動、「自然に帰れ」という現代文明否定論まで、きわめて広範囲にわたるものを指すようです(wikipediaより引用)石油系のものを使わないで化粧品を作ることがなぜエコなのか?環境破壊の最たるものは、化石燃料の使用によるものです化石燃料とは、地中に埋蔵されている石油、石炭、天然ガスなどの資源のことで、人間活動には欠かせないエネルギー資源ですですが、化石燃料には大量の炭素が含まれており、これを燃やすと大量の二酸化炭素が放出され、それによって地球温暖化などの弊害が起こるわけですですから、化石燃料に代わる燃料、風力、水力、火力による発電、電気で動く自動車などが注目され研究・開発されているのですねCO₂を出さないようにすることも、少ないエネルギーで物を動かすことも、そこから派生していることで、要は使用を止めることが不可能なら被害を出来るだけ食い止めよう、ということです「石油系のものを使わない」のはそれよりももっと根本的に被害を出さないようにする考え方ですねこの場合は、残り少ない資源を無駄遣いしない、と言う「持続可能な開発」の意味の方が強いですね
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。