環境ビジネス用語辞典>結露について質問させていただきます。去年の12月に新築で購入した家を引き渡されたのですが …
環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

結露について質問させていただきます。去年の …

結露 に関するQ&Aを掲載しています。

環境ビジネスQA

  
2009年01月29日 Q.質問
結露について質問させていただきます。去年の12月に新築で購入した家を引き渡されたのですが、2階の窓に結露が酷くて困っています。窓は1階はykk apのエピソードを、2階は予算の都合上エイピアという名前の ガラスを入れました。1階はほどんど結露しないのですが、2階の窓のサッシ部は水滴が滴るほど結露しています。(ガラス部は気になるほどではないのですが・・・) 建築してくださったところで聞いてみたら、換気をよくしてくださいというのですが、雪国に住んでいるためこの季節はなかなか窓を開けることが出来ません。 2階もエピソードを入れたら問題はなかったと思うのですが後悔先に立たずです。何かいい対策方法がありましたら教えてください。 一番気になっているのは、2階にウォークインクローゼットがあるのですが、そこにも小さめの窓があり、そこも水滴が出ていて、洋服がカビ足りしないか心配です・・・せっかくの新築なのでひとつでも問題を解決したいのでよろしくお願いします。 またエイピアという窓を使っている方がいましたら同じような感じなのかおしえてください。 まさか建築のほうに問題が・・・などと考えてしまうので・・・
2009年02月13日 A.回答
2階の窓が結露をしてしまう理由にはふたつあると思います。 ひとつは1階よりも2階のほうが寒い(温度が極端に低い)。 もうひとつは2階の窓サッシがアルミなどの熱伝導の良い=断熱性の悪いものが使われている。 前者に関しては家の断熱や気密、構造に関することなので、 これを解決するのは(館内一定温度にするには)相当の対策が必要です。 本来ならば断熱気密は設計段階で計画すべきことなので 後付けではなかなか難しい面があります。 しかしご心配なく。後者の対策は後からでも大丈夫です。 webで調べてみましたがエピソードというのは外側アルミ、 内側樹脂のいわゆるアルプラという複合サッシですね。 一方でエイピアというのは樹脂で内外を縁切りしてあるとはいえアルミサッシのようです。 ガラスの仕様は同じでペアガラスのようですね。 熱還流率は以下。 エピソード:2.33W/m2K エイピア:3.49W/m2K エイピアの方が断熱性が悪いので結露するのでしょう。 ビルダーのアドバイスが「よく換気しろ」とのことで、う~ん、ちょっとねぇ~。 不親切かな。 換気して屋内の絶対湿度を下げればそりゃ結露は減るけど、 寒いし乾燥するし居住環境としては非常に不快なわけですよ。 ちゃんと対策するなら、室内が快適な温度湿度環境であっても 結露しないようにしなければいけないわけで、 そのためには屋内に温度差をつけないことが根本解決。 それが難しいとすれば露点になるようなヒートブリッジをつくらない=つまりサッシの交換です。 確かにお金がかかりますけど、サッシはランニングコストがかからないくせに 断熱や結露防止には超ウルトラスーパー重要なアイテムなのでケチらないほうがいいと思います。 ロスナイがどうのこうのという人もいるようですが 換気システムをいじるよりはまずは窓サッシのほうが効果的です。 住んでまだ1ヶ月も経ってないわけですから確かにもう窓を取り替えるなんて 納得いかないかもしれませんが、どうなんでしょうか。 ダメもとで建てた業者に交渉してみてもいいかもしれません。 まあ無料交換の可能性は極めて低いでしょうけど、半分とか、25%引きとか、10%とか・・・・ 交渉することはタダですし。 ただ、仕様どおり(注文どおり)のもので受け渡されているのならば、 説明不足があったとしても(いいぶんはわかる!)、 工務店に契約上の非は無いわけですから、 こういう交渉は「無理をお願いしている」ということは肝に銘じておいてください。 じゃないとクレーマーになってしまいます。 このへんどこまでが瑕疵かは難しく私には判断できません。 欲を言えば、どうせ取り替えるのならば アルミサッシやアルミ樹脂複合サッシはやめた方がいい。 塩ビ(PVC)性の全部樹脂サッシがお勧めです。 しかもサッシはスライドじゃなくて開き戸の方が気密も保ててよいです。 ドレーキップ窓などはとてもおしゃれで機能的ですので、お勧めします。 安価に済ませるならばホームセンターで結露対策のテープのようなものを買ってきてサッシに貼り付けるのでしょうね。 根本的な解決にはなりませんけど、なんせまだ住んでひとつきなので、これで様子を見るのもいいかもしれません。 新居は一年経って全シーズンを経験するまでは、いろいろな発見もあって落ち着かないものですから。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。