環境ビジネス用語辞典>ソーラーパネルで透明のものはありますか? 黒いパネルは嫌だ!という理由で 変な条例案が …
環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

ソーラーパネルで透明のものはありますか? …

メガソーラー に関するQ&Aを掲載しています。

環境ビジネスQA

  
2014年05月17日 Q.質問
ソーラーパネルで透明のものはありますか? 黒いパネルは嫌だ!という理由で 変な条例案が大分県で でてる。 産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140122/oit14012202440000-n1.htm 、 メガソーラーは景観破壊! 大分・由布市 規制条例案あす提案 2014.1.22 02:44 ■農地“虫食い”の懸念 「再生エネルギーの象徴」としてもてはやされる大規模太陽光発電所(メガソーラー)。九州各地にも乱立するが、その黒々とした威容は豊かな緑とは馴染まない。九州有数の観光地である大分県由布市は23日、メガソーラーによる景観破壊を防ぐため、可決されれば九州初となる規制条例案を臨時市議会に提案する。メガソーラーで農地が“虫食い”となり、農地集積が進まなくなるとの懸念もある。このまま九州の観光・農業破壊を放置してよいのか-。(津田大資) ◇ 標高600メートルに位置する由布市湯布院町の塚原地区。春夏は萌(も)えるような緑が、秋は紅葉、冬は雪景色が広がる。美しい景観は、湧出する名湯とともに由布院に人を集める観光資源となっている。 この地区でメガソーラー計画が浮上した。 市有地約20万平方メートルや近くの別荘地「リック・スプリングヴァレー」の一部約90万平方メートルを太陽光発電関連業者が購入した。さらにバブル崩壊とともに放置されてきた別の土地もメガソーラー用地として注目されているという。市が把握している検討段階の件数は30件にのぼる。 無計画にメガソーラーが乱立すれば、高原のあちこちに何万枚もの黒いパネルが並ぶようになる。景観は大きく損ねられ、長年培ってきた由布院ブランドが凋落(ちょうらく)する公算が大きい。 そう考えた近隣住民や地元観光団体は反対運動に立ち上がった。 ところが、従来の景観法では、民有地へのメガソーラー建設は規制できない。そこで由布市の首藤奉文市長は昨年12月10日、定例市議会で「景観破壊に危機感を持っており、建設抑止に向けた条例案作りを担当部署に指示しております」と明言。「由布市自然環境と再生可能エネルギー設備事業との調和に関する条例」案を策定した。 条例案は、5千平方メートルを超える太陽光発電施設を設置する場合、市への届け出を義務付けることが柱となる。設置業者は事前に説明会を開き、住民らの理解を得るよう努めなければならず、市が計画の見直しを指導・勧告もできる。 また、貴重な自然や優れた景観のある地域については、市長が「メガソーラー抑制地域」に指定する条項も盛り込んだ。指定された地域では、小規模の太陽光発電設備を設置する際も届け出を義
2014年05月20日 A.回答
フィルムのようなのもはありますが、全く透明ではないです。 そもそも、太陽光発電は光エネルギーを電気に転換するため、光を通す透明なものだとエネルギーを得ることができません。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。