環境ビジネス用語辞典>原子力発電は、廃止にして かわりに天然ガスの火力発電とか バイオマス火力発電 地熱発電 な …
環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

原子力発電は、廃止にして かわりに天然ガス …

バイオマス に関するQ&Aを掲載しています。

環境ビジネスQA

  
2011年04月16日 Q.質問
原子力発電は、廃止にして かわりに天然ガスの火力発電とか バイオマス火力発電 地熱発電 などで 代用できないのでしょうか?
2011年04月17日 A.回答
今すぐといわけには、いきませんができるかできないかと 単純にみれば、できるのではないですか。 ただし、CO2排出は、関係なしとしますし、バイオマスのような 高価格は無視とし、温泉地の住民問題を無視として、地熱 発電を導入すると考えればです。実質は、ということで、無理 でしょう。 例えば、天然ガスの火力発電についても、大きく問題があります。 以前、ガス会社に勤めている友達に聞いたのですが、天然ガスの 契約は、今すぐ増量したいといってOKになる契約ではなく、20年 から30年前に、今の契約になっていたようです。当時、世界で、 天然ガスを使用していたのは、ほとんど日本が中心だったために、 問題がなかったのですが、今は、米国や中国が利権契約を進めて いるため、正直、天然ガスの使用量が増やせるか疑問です。 また、バイオマスは、実は、素材運搬費が、非常にコスト的に、高く なるため、まず日本では、採算が取れないと言われています。ところが、 海外で、バイオマス燃料を輸出できる国は、実は、ブラジルくらいしか ありません。これでも、とても日本の足りない発電に使用できる量を 確保できるものでもありません。 地熱発電について言えば、温泉地との問題があることと源泉の温度が 非常に高いところでないと大出力の発電ができません。これができないと 単位発電あたりのコスト高になってしまいます。また、源泉から汲み上げた 熱水の処理も大変で、ヒ素が含まれているお湯が多いため、川などには 捨てられず、お湯は、源泉に返していますが、これもコストアップの要因の ようです。 とうことで、なかなか難しいと思います。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。