環境ビジネス用語辞典>2010年導入予定の日本版フィード・イン・タリフ制度によって太陽光発電の普及は進むのでしょう …
環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

2010年導入予定の日本版フィード・イン・タリ …

フィードインタリフ に関するQ&Aを掲載しています。

環境ビジネスQA

  
2009年05月02日 Q.質問
2010年導入予定の日本版フィード・イン・タリフ制度によって太陽光発電の普及は進むのでしょうか? FIT制度により、ドイツでは企業が投資目的で導入する事例が多いと聞きました。 事実、ドイツでの太陽光発電の導入率は、 企業:8割、一般家庭:2割 だそうです。 2010年から導入予定の日本版FIT制度では、 ①買い取り価格が約50円 (ドイツでは約70円) ②買い取り期間が10年間 (ドイツでは20年間) ③余剰電力のみの電力買取に限られている (ドイツでは発電電力の全量買取) 以上の理由から、企業の投資目的での旨みは低いと感じます。 そして同様に、一般家庭での導入メリットも少ないと思います。 日本が太陽光発電の普及のために制度をつくったということは画期的だと思いますが、 ドイツなど欧州の制度の「骨抜きバージョン」であることは否定できないでしょう。 もし、このまま制度が施行されたとしたら、日本国内での大規模な普及というものは無いと考えるのですが、 皆さんはいかがでしょうか?
2009年05月11日 A.回答
太陽光発電は今年から補助金が復活した事もあって、設置する家庭が増えていると聞きます。 参考URL: http://www.taiyoko-hatuden.com/hojyo/index.html 来年からスタートする「買取価格の引き上げ」は、10年間行うということですので、制度がスタートする前に設置しておけばそれをフル活用できます。 今年から来年にかけて、かなり伸びると見ています。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。