環境ビジネス用語辞典>蓄熱式暖房機と温水式床暖と迷っています。今度、住宅を新築するにあたり暖房機器の導入で迷っ …
環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

蓄熱式暖房機と温水式床暖と迷っています。今 …

輻射熱 に関するQ&Aを掲載しています。

環境ビジネスQA

  
2009年07月10日 Q.質問
蓄熱式暖房機と温水式床暖と迷っています。今度、住宅を新築するにあたり暖房機器の導入で迷っています。蓄熱式の暖房機を設置するか、多機能エコキュートを使って温水式の床暖を導入するかで迷っています。蓄熱式の暖房機のメーカーはまだ決まっていませんが、温水式を導入するなら日立と決まっています。最初は温水式床暖が良いと思っていたのですが、エコキュートでの温水式床暖はそこまで暖めることはできないと聞きました。どちらも輻射熱で体に良さそうですが、温度調節は他の機器に比べ、どちらも難しそうです。体感や利便性などは実際どうなのでしょうか。実際に導入していらっしゃる方、詳しい方どちらが体感、ランニングコスト、メンテナンスなどの維持などで優れているかお教えいただけますでしょうか。ただし、イニシャルコストは無視してください。また、選択肢はこの2つ以外にありえません。ちなみに新築は三重県で導入するLDKは19畳。吹き抜けなしで、高気密高断熱を売りにしている工務店での施工です。夫婦2人と子供1人で普段は妻と子供が家にいます。
2009年07月15日 A.回答
畜暖は北海道電機かユニデール(だったかな?)ぐらいしか知りませんが、設置する場所をしっかりと決めておかないと、そう簡単には動かせません。その理由として、①機械本体の総重量が300~400kgぐらいある。(電気容量7kwのもので)②電気の配線サイズもかなり太いものなので、手軽には動かせない。(昔の一軒家相当かそれ以上のサイズ)③床の補強が必要(①で述べたような重量物なので、補強なしで設置すると床がへこむか最悪抜ける)あと、オフシーズンは無用の長物です。逆に良いところは、①深夜電力で蓄熱レンガを加熱し、昼間はレンガの熱を放熱するだけなので、ランニングコストは暖房器具の中では一番優れていると思います。②低い位置からの温風なので、床から天井まで効率よく暖めることができます。(人によっては常夏だと言ってます)置き場所さえ失敗しなければ、いいものだと思います。エコキュートと併用型の床暖は①床暖にタンク内の熱を奪われるため、真冬時お風呂のお湯等がぬるくなる可能性があります。(床暖稼働時、冷えた液がタンク内に貯まっているお湯から熱をもらい、また床暖側へ戻っていくため、タンク内の熱はどんどん奪われていくわけです。)で、そのままでは困るので沸かし直すわけですが、日中だと電気代単価が高い時間帯なので、あまり頻繁に沸かすのも困るわけです。②部屋を暖めるまでに時間がかかる。良いところは、①風がないので埃などを巻き上げない。②部屋がすっきり。最後に体感としては、ほぼ互角じゃないですか。どちらもエアコンやファンヒーターよりも気持の良い暖かさを提供してくれます。メンテはシーズンものなんで、そんな簡単には壊れないでしょう。長々とすみません。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。